読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビブリオゲームズBlog

自作ボードゲームや遊んだボードゲームのことを書いていきます

ゲームが面白い、楽しいとは何か? 

面白い、楽しいの定義 ゲームが他のエンターテインメント(漫画、映画、小説等)と最も違う点はプレーヤーが自発的に行動し、展開に影響を与える点である。 その行動というものを細分化してみると以下のような4ステップのループから成り立っている。 A ルー…

BAG-GAI デザイナーズノート

前置き Biblio Games古瀬 和人と申します。この記事はBoard Game Design Advent Calendar 2016 20日目の記事となります。遅れてしまって申し訳ありません。 今回の記事の内容はBAG-GAIという東京ドイツゲーム賞に送ったゲームのデザイナーズノートになります…

ボドゲのアイディア出し始めてみました

我ながら無謀なことを… 先日、20代が残り500日を切っているという個人的に驚愕の事実が発覚いたしました。迫ってみると意外と30って早いですね。それを普通に受け入れつつある自分に焦りを感じたのか、10代と同じ1日1アイディアをもう一度実践し始めて…

こうすればよかった ゲムマ初参加者のための説明書の書き方

ゲームマーケット秋までもうあと2か月と少し…早いですね。うちはまとまった時間が取れる状態ではないため今回も参加できないのですが、テストプレイ要員としてちょこちょこと動いています。その関係もあって、今日の記事はこの時期、最も多く相談される『説…

CEDEC2015で人狼AIコンテスト

2015年8月開催のCEDECにおいて人狼AIのコンテストが行われます。参加締め切りは8/1、プログラム及び資料の提出は8/16まで。 レギュレーション BBS人狼形式。狼たちは狼会話可能。会話の権利はターン性(順番は毎回ランダム)。投票と役職ごとの動作(狼:噛…

ゲムマ2015春プレイ済みゲームピックアップ

2015春のゲームマーケットが近づいてきましたね。うちのサークルは今回も不参加です。いくつかプレイしたのでその中から面白かったものを紹介します。 あてっこついたて(B28) 一言でいえば20の質問をみんなでやるゲーム。白いもの、きるもの(着るなのか切…

ゲームを作って思ったこと ランダムサプライの弱点

『ランダムサプライを採用すると確実に楽しさがアップする』。ゲーム開発当初の私はそう考えていた。なので、一作目のクロノスレコードが一人当たり9枚のカードだけを使う事になった時、喜んでランダムサプライの導入を決めた。 しかし、実際に拡張を作り始…

Making magic翻訳記事 10の心理的障壁その1

今回の記事は2008年に掲載されたDesign seminar : The 10 mental locksを英語の勉強がてら意訳したものです。かなり久しぶりに英語の記事を読んだため思った以上に時間がかかってしまっています。 冒頭の文章は省略し、10個の心理的障壁に関する部分だけを少…

クロノスレコードのカードの知られざる歴史 その1

I was Gameさん(ヴォーパルス、ダンジョンオブマンダムなどのサークル)の翻訳記事の一つ『ドミニオン』のカードの知られざる歴史が好きで何度も読ませていただいています。 どこまで有用かはわかりませんが自分の場合はどう考えたかを書き留めておくことに…

クロノスレコード2人用バリアント

年が変わってしまいましたが、クロノスレコードの2人用ルールを公開します。 <準備> 1.2人のプレーヤーは使う色を選びます 2.ファイルにに9ポケットシートを2枚入れます。 3.下のページの左下と右上に【騎士】のカードを入れます 4.各プレーヤーは…

答えが明確すぎてつまらないゲームを面白くする9つの方法

1.面白くないゲームにも面白さは眠っている(前置き) 極端な例として2×2マスの○×ゲームを思い浮かべてみよう。これはゲームだろうか? おそらく、ゲームではなく、先手が(必死に負けようとしても)勝つただの作業になってしまっているだろう ここまでひど…

GM2014秋作品レビューその1 パイレーツコード(かぼへる)

サークル:かぼへる 筆者プレイ状況:4回(基本のみ) 3人プレイ カード14枚(4人プレイは18枚)を使った記憶型の推理ゲーム。誰にも配られていない2枚のカードを当てるのが勝利条件。 記憶型の推理ゲームには通常、『予測して外した』というルール上脱落と…

これはやっておくべき。GM2014秋新作

1.ひつじとどろぼう spec: 2~4人、約30分 サークル:Power9Games(E41,42) 内容: タイル配置+ドラフト 筆者状態:テストプレイ版プレイ済み.ただ、その後得点計算に変更があった模様。 ドラフトしたカードを配置していくありそうでなかったゲーム。覚…

カードゲーム制作の基本1:ドローの強さ

ドローするためのカードは非常に多くのTCG、テキスト系カードゲームで採用されている。理由としては ①ゲーム進行による選択肢の減少を防げる ②コンボデッキ等特定のカードを引かなくてはならないデッキを助けるという効果がある あたりだろうか ただ、(主に…

ロストレガシーレジェンドをいくつかやってみた その2

③宇宙の真理 作者:寺島さん(遊星からのフリーキック) 場に伏せてある数字の合計が高いほうが勝ちという異色のルール。そのため通常5番のレガシーが42番になっている。 ただ、レガシーを見つけた人がほぼ勝つ構成になっているので、プレイ感は通常のロスト…

ロストレガシーレジェンドをいくつかやってみた その1

秋葉原RPGショップにて行われたロストレガシー祭り2014に参加し、一足先にロストレガシーレジェンドを体験してきました。 8個ゲーム全てをプレイできたわけでは無いですが、購入の参考になれば幸いです。 ①偽典 ジャンル:記憶系推理ゲー 作者:転がる運命(…

ゲームマーケットに向けて宣伝をしよう

秋のゲームマーケットの情報もだんだんと出てきましたね.そろそろ早期入稿締切の頃かと思うので、サークル主催の方々はそろそろ制作から宣伝へとシフトしていっている頃かと思います. うちも半年前はどうしていいかわからず苦戦したので、宣伝に関して思った…

ドロマイワークショップ 2014/08/03(その1)

8/3は紀伊国屋 新宿本店で開催されたドロッセルマイヤーズワークショップへ行って参りました たった4時間という時間の中でゲームを一つ(正確にはルール部分+題名)を作ってしまおうというイベント. 多数決を使って全体で一個のゲームを作るのが特徴的なワ…

このままボツにするにはもったいないゲーム案1:【家督相続】

ゲーム名候補:家督相続、家臣の進言 ジャンル:トリックテイキング モチーフ:戦国大名の家督相続(あるいは争い) 売り :漢字+戦国武将で 和風テーマ好き+外国人狙い :さっくりと遊べるが、頭を使ったり、カウンティングをする事で有利に 作者:古瀬和…

カードプールの作り方 

同人で最初にゲームを作るならやはりカードゲームになることが多い.理由は 値段を安くする上で印刷所に頼むアイテム数を減らす事が最も効果的 イラストを売りにしやすい あたりだと思う.しかし、問題もある.思いついたものを全て入れてしまうとイラスト担…

ファイルでゲームを作るには

デザイナーズノートの続きを書こうと思っているのですが、上手く文章がまとまりません.まぁ悩んでも仕方なので、「僕以外が絶対に書かない内容を書きながら練習するかな」と思っている次第です.今回のテーマは『ファイルでゲームを作るときに考えるべきこ…

GM春完売御礼

一週間以上間が空いてしまいましたが、GM出展してきました。初めての出展で不安もありましたが、当日分50個+予約40個が開始30分で完売致しました.開場と同時に来てくださった方で行列ができたのを見たときは作者として嬉しかったです. ブースに来ていた…

GM春新作『Chronos Record』 カード紹介その4 両極端な2枚のカード

GM春まであと1週間ですね. 4回にわたって紹介してきたカードも今回で最後. 今回は『バーサーカー』と『旅人』を紹介します カードNo.9 バーサーカ 『味方から得られる勝利点が0になる』かわりにドラゴンをも上回る勝利点5を持つカードです. 白魔術師と組み合…

GM春新作『Chronos Record』 カード紹介その3 CIP能力

Blogの更新が滞ってしまってすみません.今回はカードを出したターンにのみ能力を発揮するカード「契約の悪魔」、「道化師」、「プリンセス」、「ドラゴン」の4枚を紹介します. カードNo.5 契約の悪魔 おいしい話で人を騙し、契約したものをじわじわと苦しめ…

脳からみたゲームデザイン 選択肢の数の話

私の大学での専攻は脳科学ではありません. ただ学科の方針の関係上、授業を受ける程度には脳科学に触れる機会がありました. 今日はそこで聞いたことのうちゲームデザインに使えそうな事とそれを踏まえてどうゲームを作っているかを書いていきます. _________…

ゲームマーケット春新作『Chronos Record』 カード紹介その1 2人の魔導士

前回紹介した騎士、貴族というカードを含め、ほとんどのカードは書かれた数字分の勝利点を生み出すことができます. しかし、今回紹介する白魔術師、黒魔術師という2枚のキャラクターカードには数字が書かれておらず、直接勝利点を生み出すことができません.…

Chrnos Record 世界観、モチーフ重視の説明

ゲームをプレイする方にもいろいろな方がいます.とあるゲーマーに興味を持ってもらったインストも相手が変わればいまいちな反応が返ってくることがあります. 予約も開始したので、説明書公開ではカバーしにくいモチーフ重視の説明を書いてみることにしました…

ChronosRecord 予約取り置きは締め切りました

カードが届いていないので少し早い気もしますが、予約取り置きを開始させていただきます.価格は1600円(GM初出展記念価格)です. 3人用 立体陣取り+カード特殊効果 プレイ時間:2~30(インスト15分) 予約取り置きを希望される方は5/24までに以下のいずれか…

『Cronos Record』のデザイナーズノート その1

今回の作品を作っていく中で、遊星からのフリーキックさんやスパ帝国さんの本にはお世話になりました.参考になるかはわかりませんがデザインをするうえで考えたことを書いていきます. Chronos Recordがどんなゲームかはこちらをご覧ください 1.人とは違うも…

ゲームマーケット2014春 『Chronos Record』ルール説明書公開

twitterの方でゲームの説明書を公開したのでこちらでも公開しておきます Chronos Record 説明書 わからないことがあったらコメントか@Biblio_Gamesまでお願いいたします P.S. ゲームデザイナーとしては 古瀬 和人(Cose Cazuhito)を名乗ることにしました. …

ブース決定

Biblio GamesのブースはH27に決まりました. ゲームマーケットも気づけばあと約1か月強. 情報を少しでも多く発信していきます. ブースH27はだいたい矢印のあたりです. 箱ではなく、ファイルの形で頒布しているブースはそうそう無いはずなのですぐに見つかると…

ドロマイワークショップから教わった7つのこと ~なぜたった4時間でなんだかんだゲームができるのか(その1)~

ドロッセルマイヤーズワークショップという『4時間でボードゲーム制作を体験する』イベントがあった. ボードゲームを題材にしたゲームデザインのワークショップはいくつかあるが、以下の点でかなり独特な会であったと思う. ゲームデザインについての講義は基…

ゲームマーケット春新作『Chronos Record』 カード紹介その1 騎士と貴族

6月1日に開催されるゲームマーケット春にて、Chronos Recordを頒布する予定です. Chronos Recordは歴史改竄をモチーフにした立体陣取りゲームです.『TCG保存用のファイルにカードを挿していく』という特殊なシステムを『魔法で歴史(書)を改竄していく』と…

『基本根本 第一回』のアバウトな翻訳(旧Blogから転載)

今週はMTGの開発コラム『Makingmagic』にて年一回のコラム『基本根本』第五回『繰り返し』の日本語訳が公開されました. 閉鎖予定の旧ブログにて公開していた『基本根本 カードコード』の意訳をこちらのBlogに転載しておきます

CronosRecordのデザイン

twitterにてカードの色の話が話題になったので、全てのカードを投稿します. 1.誰のカードか(赤、青、黄) 2.どれぐらい勝利点を得られるカードか(キャラクターの左に大きく書かれた数字) という2点を重要だと考え、スペースを従来のゲームより大きく…

クロノスレコードの紹介 画像つき

春のゲームマーケット用新作『クロノスレコード』はテストプレイまで終了し、現在グラフィックや説明書の制作をしています. ■□■カードイラスト■□■ 下のテストプレイ画像ではプロトタイプ用のカードを使っていますが、製品版は以下のようなデザインとなります…

ドロセルマイヤーズワークショップ FINAL(第1部)

ドロッセルマイヤーズワークショップに参加してきました. 感想と内容を混ぜて書くのが苦手なので感想は後ろにまとめてあります.

『お題:ラブレターと同じカード構成で何ができるか?』 その1 お題⇒ブレスト

基本情報 ラブレターのカード構成は8,7,6が1枚 5~2が2枚、 1が5枚 ブレスト開始(制限時間30分) ・最大のカードが8 ⇒配置するようにして8近傍(斜めを含む隣接するカードの数)を活かしてはどう? ・16枚 ⇒2人*8 ⇒8は最大の数字 ⇒だからなんなんだ ⇒3人…

「逆転要素があるといいね」にどう応えるか?

正直、テストプレイからゲームを面白くするのが苦手だ. 意見を聞いてそのままの行動をしてもゲームが面白くなるわけでは無いのでひたすら泥沼にはまってしまう. 中でも『逆転要素があるといいですね』は難しい. おそらくこれは『逆転要素がないという問題点…

新作情報 『Chronos Record その1』

6月1日に開催されるゲームマーケット春にて、初作品『Chronos Record』を頒布する予定です。 概要 ~カードを挿して歴史を改竄! 透明なカードファイルを使った立体陣取りゲーム~ ジャンル :立体陣取り+カード特殊効果 ゲームプレイ:25分 インスト10~15…

ボードゲームマーケット(秋)に向けてBlogをはじめました

ゲームマーケット2013秋こそは昨年8月から制作中の 『SENKI(仮名)』というゲームで出展したいと思い、勢いでサイトを作ってみました. サークル名も、個人で出すのか誰かと共同で出すのかすら決まっておりませんが頑張っていきますのでよろしくお願いいたし…

ファンネルアルゴリズム

「経路探索≒A*」と思っていると損をするなぁ(したなぁ)と感じたのでファンネルアルゴリズムの記事を翻訳してみました.元の記事はこちら↓ http://digestingduck.blogspot.com/2010/03/simple-stupid-funnel-algorithm.html シンプルで高速な”ファンネルア…

GDC報告会(ゲームデザインワークショップ)

15日(金)に行われたGDC報告会に参加してきました.まずは、GDCで毎年開催されているゲームデザインワークショップの話. 2日間にわたって実際に参加者が考えながら進めていくセッション.一部のカリキュラムは選択制のようだ 内容は (1)MDAフレームワーク…

GDC報告会(北米のテストプレイ事情)

「どのような形でプレーヤーの感覚をゲームにフィードバックしているか?」をテーマにしたセッション.主にEAのバスケットボールゲームの事例が紹介されていた. 端的には 従来の主観的な評価(アンケート等) 計測による客観的な評価(皮膚電流、アイトラッ…

Nuts & Bolts: 第二回 Design Skeleton 翻訳記事(前半) クリーチャーの部分

この記事はマローさんの記事http://www.wizards.com/magic/magazine/Article.aspx?x=mtg/daily/mm/78:title=Nuts&Bolts::DesingSkelton]のを意訳したものです.地味に長いので前半部分のみとなっています. ●デザインの秘密 「デザインスケルトン<デザイ…

ゲームデザインリンク

ボードゲーム関連 I was game ヴォーパルス、ダンジョンオブマンダム等の作者、大爆笑カレーさんのサイト。ドミニオンやマジック等カードゲーム関連の翻訳記事、自身のゲームデザインに対する考え等が書かれている。 Board Game Design Advent Calendar 2014…