読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビブリオゲームズBlog

自作ボードゲームや遊んだボードゲームのことを書いていきます

Chrnos Record 世界観、モチーフ重視の説明

Chronos Record

 ゲームをプレイする方にもいろいろな方がいます.とあるゲーマーに興味を持ってもらったインストも相手が変わればいまいちな反応が返ってくることがあります.

 予約も開始したので、説明書公開ではカバーしにくいモチーフ重視の説明を書いてみることにしました.

 

 クロノスレコードの世界観はファンタジー世界. 騎士白魔術師ドラゴン等テレビゲームでも人気のキャラクターが活躍する世界です. 

 

 キャラクターはカードとして登場します↓

 f:id:hirobi_ai:20140411013021p:plain f:id:hirobi_ai:20140411013015p:plain

 

 あなたを含むプレーヤーは王様となり自国の歴史を最も輝かしいものにする事を目指します. 独特なのは王様たちが『魔法で過去に味方を送りこみ、歴史を改竄する』という手段を選んだ事です. 王様たちは自分の改竄の成果と相手の改竄による被害を歴史書に書かれた内容が変わるのを見て知り、次の一手をうつのです.

 

 このゲームではバインダーを歴史書に見立てています.4枚挟まっているシートは4つの時代(下ほど古い時代)をその中のポケットは領土を表しています.

(写真はテストプレイ版のものです.また、実際のバインダーは透明です.)

f:id:hirobi_ai:20140303012133j:plain

 

 上の写真のような状態では(シートが透明なため)どのページから見ても3色のカードが1枚ずつ見えます.これは『どの国も侵略や領土拡大を行わず、平和に暮らしました』という本来の歴史を表しています. 

 

 プレーヤーはキャラクターカードを空いているポケットに挿すことで歴史を改竄します.

 

例えば

赤い国の王様『私の国は古くから大国だったのじゃ』とか

f:id:hirobi_ai:20140303021640j:plain

(1番下のシート上中にカードを入れて、全てのページから2枚の赤いカードが見えるようにする)

 

その真上にカードを挿して

青い国の王様『大国だったのは最初だけでしょう? 次の時代にはうちが侵略しましたよ』とか

f:id:hirobi_ai:20140303021251j:plain

(1ページ目から見ると赤いカードが2枚見えるが、それ以降のページからは1枚しか見えない状態にする)

 

 他にも黒魔術師で敵の主力に呪いをかける(書かれた数字を-1倍にする)、白魔術師に味方の主力を強化してもらう(書かれた数字を2倍する)等いろいろな歴史改竄ができます

 

 7回起こる大きな戦争においてより高い戦果を出す事(毎ラウンドランダムで選ばれるシートの上から見た合計点数が高いこと)と最終的に各時代の覇者となる事(ゲーム終了時に各ページで1番多い枚数が見えていること.ゲーム用語でいえばエリアマジョリティー)が点数に繋がります.

 

 Chronos Recordの売りを3つだけあげるなら以下の3つ. 気になった方、質問がある方は@Biblio_Gamesまでお願いします.

 

 ・モチーフ、コンポーネント、ルールの一体感

 ・手軽さと深さのバランス

  ⇒考えるべきことは多いけど、やることはカードを選んで配置するだけ

  ⇒カードは10種類.使うカードを変えれば、コンボ要素を取り入れたゲームも、そういう要素の全くない最小4種類のゲームも可能.

 

 ・ユニークさ

  ⇒独特のジレンマ

  ⇒立体陣取り+カード特殊効果という珍しいジャンル