読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビブリオゲームズBlog

自作ボードゲームや遊んだボードゲームのことを書いていきます

ロストレガシーレジェンドをいくつかやってみた その2

ボードゲーム 感想
③宇宙の真理

 作者:寺島さん(遊星からのフリーキック

 場に伏せてある数字の合計が高いほうが勝ちという異色のルール。そのため通常5番のレガシーが42番になっている。

 ただ、レガシーを見つけた人がほぼ勝つ構成になっているので、プレイ感は通常のロストレガシーの範囲内だった。次やるときはレガシーを見つけずに勝つという事にチャレンジしたい。

 
人狼は眠らない

 作者 中村誠さん

 ジャンル:人狼入門

 

 ワンナイト人狼やシークレットムーンとはまた違ったタイプの人狼入門。

 プレイした感覚としては論理重視度は

 シークレットムーン > 人狼は眠らない >=ワンナイト人狼

 会話重視度は

 ワンナイト >> 人狼は眠らない >> シークレットムーン

 といった感じ。

 

 ⑤最終決戦

 作者:カナイセイジ

 ジャンル:2人用LCG(TCG好き用カードゲーム)

 

 1人16枚のデッキを使い戦うTCG風ゲーム。不死の心臓、ヴォーパルソードといった今まで出てきたレガシーを奪い合い、その能力を駆使しながら勝利を目指す。

 もはやロストレガシーではないが、TCGが好きなら絶対にやっておくべき。

 ロストレガシーレジェンドの4500円という値段は決して安くはないが、これとあと1個か2個気に入ったものがあれば買っていいんじゃないかと思う。